【EC250】ローシートを買ったので跨ってみた(足つき比較)

GASGAS EC250

GASGAS EC250は2cmローダウン仕様です。対してKTM 150xc-wは5cmローダウン仕様であったので乗り比べると足ツンツン感が従来比200%。

オフロード遊びの中でもクロスカントリーやモトクロスなら足つきが悪くてもオッケーだけど、HEDだったら足つき性は重要。

先日EC250用の純正ローシートを買って、実際に跨ってみてノーマルシートと比較してみました。

スポンサーリンク

エンデューロでは足つきの悪さが死活問題になることも

まず、ボクは身長161cmでしかも短足。練習でもよく転びます。

足が届かなくてバイクを倒したことも数えきれないぐらい(涙)

下手な上に足が短いなんて可哀そうワラワラ

オフロードバイクのジャンルの中でもエンデューロ、とりわけハードエンデューロでは難所の低速移動が多いためバイクのバランスが崩れやすくなります。

また、斜度がある場所や地面がえぐれている場所、岩場などでの再発進はどこかに足をつかなければならず、セクションを素早くクリアするためには足つき性が死活問題になります。

このような場面では足つきが良い(というより足が長い)ことは有利に働くものの、体の大きさは天に授かったものなのでどうしようもありません。

「身長」のイラスト文字(健康診断)

足つき性改善のための車体側の対策としては、サスやリンクなど足回りを変える方法やローシートを入れる方法がありますが、サス周りをいじって車高を下げすぎると運動性能自体が低下するというデメリットも生じます。

KTM 150xc-wでは5cmローダウンキットを取り付けていましたが、上記の理由により今回のGASGAS EC250ではサス側を2cmローダウンに留め、足つき性の改善にローシートを入れることにしてみました。

実際にノーマルシートとローシートに跨って足つき性を比べてみた

下の写真が取り外してから並べてみた様子。奥がノーマルシートで手前がローシート。ローシートは中央部が2cm位低いです。見た目だと、シート中央部が2cmぐらい薄くなっている印象です。

ノーマルシートとローシート比較
奥がノーマル、手前がローシート

実際にEC250に取り付けた写真がこちら。中央部が凹んでいる様子がわかります。

ノーマルシートとローシート比較
EC250純正ノーマルシートとローシート

早速跨ってみて比較することにしました。

まず最初にノーマルシートに跨った時の様子。オフ装備なし+クロックスだと完全にバレリーナ状態。オフ装備をつけることと、タイヤの空気圧を落とせば少しはマシになる程度です。

ノーマルシート
ノーマルシートに跨った時の様子

そして、こちらがローシートに跨った時の様子。こちらもオフ装備なしでは両足は届かず、残念ながらはっきりとした違いは感じませんでした。しかし、映像をみるともう少しで両足のつま先がつく程度までは改善していました。

オフ装備をつけて沢などを走る場合にはしっかり効果が感じられそうな感じ。

ローシート
ローシートに跨った時の様子

次回はこれをつけて練習に行ってみる予定です。

実際の比較映像をYoutubeに投稿しましたので、よければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました