2022年オフロードバイク練10回目(250ccは150ccより本当に速いのか?)

KTM 150xc-wとGASGAS EC250の乗り比べバイク練

オフロードコースNAKAOに遊びに行ってきた。 今日はmakota氏に150xc-wを貸し出している事情があり、nakaoにはGASGAS EC250とKTM 150xc-wが揃う展開に!

こうなったら、乗り比べないといけないでしょうってことで基本の周回コースをそれぞれ1周してみることに。

気になるところはタイムにどの程度差が出るかということ。

両者の主なスペック・セッティングの違いは下の通り。EC250の方が排気量とフロントスプロケの影響で、よりトルク重視な設定。

EC250150xc-w
排気量250cc150cc
燃調FIキャブレター
スプロケ12/5013/50
ローダウン2cm5cm
スポンサーリンク

150xc-wとEC250で走り比べた結果

今回はミニモトコースを起点に、枯れ沢などを含むウッズを通って再びミニモトコースに戻るコースを設定。

ヒルクライムなど、転倒でタイムロスする可能性のあるセクションは敢えて外した。内訳は整地2割、ウッズ8割といった感じ。

1周目にEC250、2周目に150xc-wで走った結果、EC250は15分54秒、150xc-wは17分9秒とEC250の方が1分ちょっと速い結果に。

ただし、この1分ほどの遅れは木の根などに引っかかった時に生じたもの。

実際にビデオを見て比較したところ、移動時の巡航速度はEC250と150xc-wはほとんど変わらないという、意外な結果に。

木の根やがれ場では排気量アップによる恩恵を受けている一方、巡航速度では250ccの力をまだまだ活かしきれていない(乗車姿勢が加速、減速に十分に耐えられていない)ようだ。

評価結果
ウッズの巡航速度EC250と150xc-wは互角
ウッズの上りEC250が安定していて速い
がれ場EC250が安定していて速い

今回、排気量の異なる二つのバイクを乗り比べて、巡航速度がほとんど変わっていなかったことから、そもそもバイクの加減速に耐えるだけのフォームが身に付いていないことが原因?

今後はこの点を意識してフォーム改善に取り組みたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました